初級クラス

私の大好きなバッチフラワーの
ヒーリングハーブス社は
 
 
 
植物学者であるジュリアンバーナード氏が
 
 
イギリスのウェールズの自然がいっぱいの所で
バッチ博士の作り方を誠実守り、
厳かに大切に作っています。
作り方は、クリスタルボールに
清らかな湧水を入れて、
お花を浮かべ、太陽の光に少しあてて、
お花を取り除いたお水です。(太陽法)
煮沸法は、お鍋にお花を入れて、
少し沸かした後、お花を取り除いたお水です。
物理的には、
 
 
ただの水と言うことになります。
 
 
 
副作用も依存性も危険性も何もありません。
 
 
お水に写されたお花のエネルギーと
 
 
言うことになります。おねがいラブラブ
 
 
 
 
信じるか信じないかは、
アタナタしだいです。(๑>◡<๑)
でも、沢山の方に変化があって、
 
 
世界中に広がっているものです。
 
 
 
精神科病院勤務しておりますが、
 
 
 
神経や脳に効くものはあっても
 
 
心、感情、魂に効く薬は無いと感じています。
 
 
 
バッチフラワーは、病気や症状からではなくて、
 
 
 
怒り、悲しみ、憎しみ、イライラ、批判、
 
 
落ち着きのなさ、パニック、潔癖、集中力欠損
 
 
やる気なさ、絶望、緊張などなど
 
 
 
その方の感情に合わせて選んで行きます。
 
 
あくまでも感情です。
 
 
病院や薬がダメなわけではないですが
その前に
バッチフラワーを
 
 
ぜひぜひ使ってみて下さいませ。
 
 
自分に合ったバッチフラワーを
 
 
 
作れるようになれる
 
 
 
バッチフラワー初級講座やっております。

リアル又はオンラインで開催いたします。

kanon_official
看護師として35年以上病院等に勤務、現在、精神科病院に勤務中。 医療の現場に身を置きながら、病院や薬に頼る前に、もっと何か自分自身で予防出来ることはないかと模索する。 そんな中、「響の杜クリニック」の西谷先生のホリスティック医学の考え方に出会いバッチフラワーを飲む機会を得る。 その後、ハワイの伝統の問題解決法であるホ•オポノポノに出会い、今起こっている全ての事は、過去と現在の記憶からくると知り、記憶のクリーニングの大切さを知る。 そして、「クリニック光のいづみ 」の石川眞樹夫先生に出会い、バッチフラワーが飲むホ•オポノポノだと言うことを知り、衝撃を受ける。 さっそく、石川眞樹夫先生の自然療法士の講座を2年間受講し卒業する。 そして、自然療法士の資格を頂く。 並行して、バッチフラワーをイギリスにて制作しているヒーリングハーブス社のレメディーを日本で販売をしているマイキさんにて、初級講座を横浜で受講する。 さらにアドバンストクラスを約6ヵ月間受講し、プラクティショナーの資格を得る。 又、初級講座を開催する為の資格も得る。 いつも、ホ・オポノポノとバッチフラワーは私にとって欠かせないものとなっております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。