感情の癒し

 努力しなくてもいい

 ハッピーな気分の時は

元気があれば メラメラ

なんでも出来る。by猪木さん

が、しかし

落ち込んでたり、弱ってる時は

なーーんにもしたくない

そうじゃないですかぁ〜

それは

電池切れ、エネルギー不足状態です。

少し余力があれば

本を読んだり

映画やTVを見たり

音楽やラジオを聴いたり

美味しいもの食べたり

旅行に行ったり

自然に触れたり

ありがたい話し聞いたり

話を聞いて貰ったり

などして

笑ったり

泣いたり

感動したり

そうして、エネルギーを補充しますよね。

でも

最高に弱ってる時は

なんにもしたくない

生きてるのが精一杯

そんな時

出来ることは

なんでしょうか?

そうです。

水を飲むことです。✨

(全ての人と言うわけではない かも)

水さえ飲んでいれば

数日は

生きてはいける

そして

その水の中に

バッチフラワーを入れる

そう

バッチフラワーを2滴から4滴

入れるんです。

そして、その水を飲むです。

自分で入れられない時は、

どなたかに入れてもらいましょう。

バッチフラワーを飲むことで

徐々にエネルギーが充電されて

元気になれる。

そしたら

元気があれば

なんでも出来る

バッチフラワーを飲むだけで

努力しなくても

いいんです。

生きるのに精一杯の時におススメは

5フラワー

ぜひお試し下さいませ。

kanon_official
看護師として35年以上病院等に勤務、現在、精神科病院に勤務中。 医療の現場に身を置きながら、病院や薬に頼る前に、もっと何か自分自身で予防出来ることはないかと模索する。 そんな中、「響の杜クリニック」の西谷先生のホリスティック医学の考え方に出会いバッチフラワーを飲む機会を得る。 その後、ハワイの伝統の問題解決法であるホ•オポノポノに出会い、今起こっている全ての事は、過去と現在の記憶からくると知り、記憶のクリーニングの大切さを知る。 そして、「クリニック光のいづみ 」の石川眞樹夫先生に出会い、バッチフラワーが飲むホ•オポノポノだと言うことを知り、衝撃を受ける。 さっそく、石川眞樹夫先生の自然療法士の講座を2年間受講し卒業する。 そして、自然療法士の資格を頂く。 並行して、バッチフラワーをイギリスにて制作しているヒーリングハーブス社のレメディーを日本で販売をしているマイキさんにて、初級講座を横浜で受講する。 さらにアドバンストクラスを約6ヵ月間受講し、プラクティショナーの資格を得る。 又、初級講座を開催する為の資格も得る。 いつも、ホ・オポノポノとバッチフラワーは私にとって欠かせないものとなっております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。